ウォシュレット 水漏れのトイレ修理を自分でする場合

ウォシュレット 水漏れが起こり、本体ごと交換することもありますが、自分で修理をする方法もあります。しかし、間違った処置をすることでトイレの二次被害に繋がります。可能な範囲にて、自分で修理する方法を紹介します。

■ウォシュレット 水漏れ原因がトイレ部品の場合

トイレの部品が経年劣化することで、ウォシュレット 水漏れの原因になります。洗浄水から出るノズルの目詰まりやバルブユニットなど、水の出るところの不具合が主な原因です。各部位にて、長年の使用で尿石が付着したりカビが生えることでも、穴が塞がる原因です。近年の機器にはお掃除機能がついていますが、ブラシで掃除することでウォシュレット 水漏れが改善される場合もあります。部品交換の場合は分解作業が必要ですが、工具や知識が必要です。



■ウォシュレット 水漏れ原因を防ぐポイント

ウォシュレット 水漏れはトイレ・機器を衛生に保つことで予防に繋がります。
夏場や晴天時などトイレ内に熱気がこもることで、機器がオーバーヒートしてしまいます。冬場は結露や水の凍結に伴い、ウォシュレット 水漏れの原因になります。トイレの湿度が高いとカビが発生してしまいます。換気扇をつけたり、戸の開閉を定期的にすることで、温度や湿度を適正にすると良いです。



■まとめ
ウォシュレット 水漏れを防ぐには、日頃からのトイレ掃除と季節に応じた対策がポイントです。毎日使用することで汚れが付いてしまいますから、定期的な点検も欠かせません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ