トイレの床からの水漏れ原因と処置

トイレ 水漏れは、タンクからだけでなく、床からも起こります。放置してしまうと、床下は滑りやすく怪我の原因にもなり、家屋のトラブルにも繋がります。床から水漏れが起こる原因と処置方法を紹介します。

■結露が原因でのトイレの床からの水漏れ

冬場の場合、水は凍りやすくなっておりトイレの便器やタンクから結露が発生します。それに伴い、結露が流れて床下のトイレ 水漏れに繋がります。この場合、ドア・窓をしっかりと閉めて室温を一定の状態にします。換気扇があれば回しておくことで、より早く結露は解消されます。その際に床下にタオルを敷いておくことで、結露が溶けた際の水をとめる役割を担います。



■部品の劣化が原因でトイレの床から水漏れ

トイレの便器や排水管のパッキン、ボルトの接続部分が劣化してしまうと、床下のトイレ 水漏れ原因になります。各種部品交換をすることで解消されますが、モンキーペンチなどの工具が必要です。ホームセンターにて揃えることが出来ますが、間に合わない場合や難しい作業を要する場合は専門業者に依頼した方が安心です。作業をスムーズに行う際には、水の流れを止めたり更に被害を防ぐために水栓を閉めておくことが必要です。



■まとめ
トイレ 水漏れが床下の場合は、接続部品の劣化もありますが結露の発生も一つの原因です。季節・気候に合わせた対策をすることで、部品の劣化及びトイレ 水漏れを防ぐことが出来ます。自分での処置が難しい場合は、専門業者に依頼して下さい。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ