トイレ水漏れ後水道 修理を怠ると危険

トイレの水漏れが起きても、少々のことなら大丈夫と自分で判断して放置される方もいます。それに伴い水道代高騰だけでなく家屋全体のトラブルにも繋がりかねません。水漏れを放置することで起こるリスクを紹介します。

■トイレの水漏れを長期間水道 修理を怠ったつけは大きい

長期間トイレの水漏れに対して水道 修理を怠ると、たとえぽたぽたと滴る程度でも、1か月100?以上の水漏れとなる危険性もあります。
特に2階の場合では、その真下に置いてある家電にまで水が及ぶと故障してしまう可能性もあります。さらに漏電・火災に繋がる危険性もあります。配管からの水漏れの場合はパイプ周辺に空洞が出来ると、土が空洞に落ちてしまい地盤沈下へと繋がり地面が凹むこともあります。大きなトラブルになる前に、早急な水道 修理が必要です。


■トイレの水漏れでも室内環境は悪化します。

トイレの水漏れを放置することで、家屋全体においてカビや臭いの発生にも繋がりやすく、生活環境は悪くなります。特にシックハウス症候群やアレルギーを抱えている方が住んでいる場合には、健康被害が大きく、日常生活でも大きな影響を及ぼします。
湿気によって壁のクロスが剥がれたり汚れが生じたりすることで、リフォームや修繕費用も高額になります。少しでも気になれば水道 修理をすることで、これらのトラブルを回避できます。


■まとめ
トイレの水漏れは、たとえ小さくても長期間水道 修理をしなければ大きなリスクを被ることになります。気になる症状が現れたら、より確実な予防へと防ぐために専門業者による水道 修理を依頼して下さい。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ